胸の大きい女性は人格を無視されることが多い

11 1月

私は今、胸の大きな女性に対して、とても複雑な気持ちがあります。胸が大きくて、堂々としている女性を見れば羨ましく思いますし、猫背で隠すようにしている女性を見ると、気の毒に思います。またどちらにしても、それなりの苦労があるのだろうとも思います。なぜなら、私自身も以前は胸が大きかったからです。

しかし、ストレスで痩せてしまったことで、カップがEからCにサイズダウンしました。胸が大きかったときは正直、イヤだという気持ちが大きかったのですが、小さくなってみると、自分がひそかに胸の大きさを自慢に思っていたことに気がつきました。実際チャームポイントだったと思いますし、恋愛感情を持った男性に対しては、好意を得るために利用してきたと思います。ただ、胸が大きい女性を好きな男性に一言物申したいのは、何とも思っていない男性から胸ばかり見られると、それだけで嫌いになる場合があるということです。そういう男性は本当に、顔ではなく、胸を見て話してきます。むしろ胸に話しかけてきます。見られているほうは、胸に視線が行くと確実に気がつきます。

それを許せるのは、こちらが好意を持っている男性だけです。胸が小さくなってみて、初めてわかったことがあります。顔立ちも性格もほとんど変わっていないのに、今の私に興味を持ってくれる男性は、私の実際の性格を知ろうとしてくれることが多いということです。胸が大きかったころは、「胸が大きい女性の性格」として、ひとくくりにして見られていたような気がします。男性にとって都合のいい女性像を押し付けられていたようにも思えます。それが続くと、「どうせ私なんか、胸が大きいだけ」というような気持ちになって行くのです。胸の大きい女性は、自分の胸に対して、自慢とコンプレックスの、両方の感情を持っていることが多いと思います。そして極論かも知れませんが、胸の大きい女性がそうなってしまうのは、胸の大きい女性を好きな男性が、そういう女性の人格を無視するからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です